ABOUT PARIS DUVIVIER

secrets of manufacturingSUSPENSION

Secrets of Manufacturing

Paris Duvivierの追求は皮革のみではありません。

耐久性

ソファの核であるフレームにはブナ材を使用しています。
湿気の吸収が少なく、曲りやねじれがおこりにくいブナ材は、
針葉樹系の素材やチップボードとは異なり強度に優れます。
また、Paris Duvivierが独自に開発したSBDサスペンションは2重のベアリングで
構成されていて、それぞれのパーツで重い重量を支えることにより、
ソファ内部のフレーム部に一切のプレッシャーを与えず、
ソファとそのサスペンションのゆがみや劣化を防ぎます。

*ベアリング1
ステンレス製のスプリングと、それを支えながらショックアブソーバーとして機能する弾性を持つゴム状樹脂

*ベアリング2
座面部に敷かれた高機能ポリウレタンフォーム(密度28kg/m3、硬さ130)と、その下に取り付けられたさらに高密度のフォーム

他に類のない座り心地の良さ

座面部に敷かれた高機能ポリウレタンフォームがクッションの過度な沈み込みを防ぎ、
クッションの形を維持します。
その上に敷かれたポリエステル繊維と、低アレルギー処理を施されたフェザーのブレンドが
クッションに柔らかさと弾力性をだし、それが座り心地の良さを提供します。
この2つがそれぞれ機能することにより、
年月を重ねても今日と変わらない快適さを保つソファが生まれるのです。

Paris Duvivierの高品質の証明

”NF Prestige Label”は、厳しいテストや調査で最高品質と認められたもののみに与えられるLabelで、
Duvivier全ての製品がその基準をクリアし、使用されています。

さらにフランスの経済産業・労働省が、
高い伝統技術や工業的優位性を持つ技術によって生産された製品として認めた証である
”Enterprise du Patrimoine Vivant Label”の称号も与えられており、
Duvivierがフランスの文化・技術の付加価値を高め、発展を推進するブランドである証明となっています。